『雑記』緊急事態宣言は効果が出ているのか?

どうも、takaです!

さて、雑な日記略して『雑記』シリーズですが、前回に引き続き新型コロナウイルスについてダラダラと書いていきたいと思います~
今回は題名の通り4月7日に発令された緊急事態宣言は本当に効果が出ているのか?という部分に焦点をあわせてみていきたいと思います

あらかじめ言っておきますが、私はその手の専門家ではありませんので、あらかじめご了承くださいね(;^ω^)

緊急事態宣言は今のところ効果が出ていると思われる

緊急事態宣言が出されたのが2020年4月7日でその後数日間は1日の感染者数が最多というニュースを見て『緊急事態宣言を出したのに増えていて自粛してないのか?』とか結構見かけました、ですが、冷静に考えてみてください。『潜伏期間』というものがあるのをお忘れじゃありませんか?

WHOの発表によるとこのように書いてあります

How long is the incubation period for COVID-19?

The “incubation period” means the time between catching the virus and beginning to have symptoms of the disease. Most estimates of the incubation period for COVID-19 range from 1-14 days, most commonly around five days. These estimates will be updated as more data become available.
引用:https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-coronaviruses

日本語に直すとこのようになります。

COVID-19の潜伏期間はどれくらいですか?

「潜伏期間」とは、ウイルスを捕獲してから症状が出始めるまでの時間を意味します。COVID-19の潜伏期間のほとんどの推定値は1〜14日の範囲であり、最も一般的には約5日です。これらの見積もりは、より多くのデータが利用可能になると更新されます。
引用:https://www.who.int/news-room/q-a-detail/q-a-coronaviruses

つまり、ウイルスが体内に侵入してから症状が出るまで1日~14日程度の期間が必要ですが、多くが5日程度で発症するという事、つまり、潜伏期間を考慮して緊急事態宣言の効果を確認するには効果が表れるであろう少なくても5日~14日以上様子を見る必要があるという事になります。

4月に入ってからの一日あたりの感染者数を見てみるとちょうど発令から5日目になったところで少し感染者数が減っているのが分かると思います。
(数値はNHKの特設サイトを参考にしました。https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/)

 日付感染者数備考
4月1日267名
4月2日279名
4月3日354名
4月4日366名
4月5日360名
4月6日242名
4月7日360名この日の夜、緊急事態宣言発令
4月8日514名
4月9日573名
4月10日634名
4月11日719名
4月12日499名発令からちょうど5日目ここから500名少し下がっている
4月13日293名
4月14日482名

もちろん、まだこれで効果が出ていると結論付けるのは早いかもしれませんが、指数関数的に増えるといわれているウイルス感染の者数が連日500名を割るというのは少なからず効果が出ていると私は思っております。アメリカのハーバード大学は外出自粛を2022年まで定期的に外出の自粛を呼びかける必要があると指摘しています。(https://www.nishinippon.co.jp/item/o/600873/)

※ちなみ検査数にはばらつきがあるため確実に効果がでていると確証があるわけではありません。検査数については→https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

若者はかからないは嘘だし、『軽症』は思ったよりキツイ

さて、新型コロナウイルスの騒動が初期のころ『若者はかからない』や『かかっても軽症』というのが結構強調されてその結果『まぁ、かかっても軽症なら』と外出してしまう人が後を絶ちませんでしたね。
その後、志村けんさん(若者ではないが)が亡くなったりして『この人が亡くなるなんて』という意識が芽生え始めたのか自粛ムードは一気に高まったと記憶しています。

さて、若者は軽症でだという話本当にそうなのか?という疑問があります、Youtubeの私のチャンネルのコミュニティ内で、私の兄が感染したという話をしました、結果軽症と診断され今は元気に仕事を行っているようです、軽症というと『微熱程度でしょ?』と思われている方も多いようですが実際の継承というのは個人的には思ったよりひどいレベルでした(;^ω^)

兄の当時の症状を聞いてみましたが

  • 38度後半から39度くらいの熱
  • 嘔吐
  • 酷い下痢
  • 悪寒

これらの症状が長く続き、『体調が回復するまでには2週間程度必要だった。』と話していました。

もちろん、兄よりも軽い症状の人もたくさんいるはずですが、軽症とされている中でも私たちの考えている軽症とは少し乖離があるかもしれないという事だけ覚えておいてください。

というわけで、今回もダラダラとお話をしていきました、私のこの記事が少しでも役に立てば幸いです。最後に私が最近読んだ健康に関する本をいくつかご紹介させていただきます(^^♪


The following two tabs change content below.

taka

ブログやYoutubeでPCについて解説している27歳のサラリーマン・YouTuber・ブロガー すべて中途半端にしかできていない説がありますがゆったりと好きなことで生きていきたいという願望をかなえるべく 日々動画編集やブログの執筆に奮闘中!

関連記事