iPadAir(第4世代)とiPadPro(2020)どちらが良いのか真剣に考えてみる

どうも、takaです!

今回の記事はiPadについてです!

私の個人の意見なのですが、タブレット端末はiPad一択なんですよね、android搭載のタブレットもあるのは重々承知ですが、iPadの完成度はかなり高いと思ってます。

さらにiPadはラインナップも充実していて「iPad」であれば4万円以下で購入することが出来てしまうので、スマートフォンと違いタブレット端末はiPadシリーズが一番おススメだと思っています。

さて、そんな私が使っているタブレット端末はもちろんiPadです。
私が使用しているのは「iPadAri2」と呼ばれるもので、購入してからもう少しで5年がたとうとしています(*_*;

さすがにそろそろ限界が見えてきていて次のiPadを真剣に考えてみようかと思い記事にすることにしました(笑)

その為、今回はiPadAir(第4世代)とiPadPro(2020の11インチ)どちらが良いのか真剣に考えていきたいと思います。

iPadシリーズでコスパが高いのは「iPad」

まず初めにお伝えしておきたいのはコスパで選ぶのであれば「iPad一択という事です。

もちろんiPadAriやiPadProのほうが性能は高いかもしれません、ですがコスパで選ぶのであれば「iPad」が最強だと思います(笑)

通常利用であれば処理能力に問題がなく、指紋認証に対応、値段も手が届きやすい(4万円以下)

同価格帯のCeleronあたりが搭載されたノートパソコンを買うのであればiPadを購入したほうが幸せになれると私は思っています(笑)

ですが、私が購入を検討しているのは「iPadAri」か「iPadPro」なのです(‘ω’)

理由は簡単で「欲しいから」ほかなりません(;^ω^)

iPadAirとiPadProの比較「細かいところがイロイロ違う」

iPadAirとiPadProを比較していきたいと思いますが、違いが結構あるので私の個人的に気になっている部分だけを取り上げていきたいと思います。

iPadAirとiPadProのスペックはこんな感じです↓

iPadAiriPadPro
価格62,800円(税別)から84,800円(税別)から
ディスプレイサイズ10.9インチ11インチ
SoCA14BionicA12Z
カメラ12MP広角カメラ12MP広角カメラと10MP超広角カメラ
ストレージ最大256GB最大1TB
セキュリティTouh IDFace ID

他にも違いはたくさんありますが、主要な部分だけを取り上げてみました。
この価格を見ると使用用途によっては安いBluetoothキーボードとiPadの組み合わを購入したほうが下手なノートパソコンを購入するよりよほど幸せになれるような気がします。

CPU性能だけならiPadAirの方が優勢か?

ASCIIさんの「新iPad Airは「iPad Pro Air」と呼ぶにふさわしい強力マシンだ」によると、総合力ではiPadProのほうが高いようですが、CPUの処理性能のみで考えるとiPadAirのほうが性能が高いようです。

これはiPadAirのプロセッサは「A14Bionic」を使用しているのに対して、iPadProが使用しているプロセッサは「A12Z」と呼ばれるもので、これはiPadPro(2018年)に搭載されていた「A12X」で無効化されていたGPUの1つを有効化したという物なので、いわゆるマイナーチェンジ版ということになりますのでiPadAirの方がCPU性能が高いのも納得できます。

iPadProはやはりクリエイター向けか

この表を見てみるとiPadProのストレージの1TBはさすがクリエイター向けだけあって違いますね。動画の素材ファイルや写真を持ち運ぶ場合はiPadAirの256GBでは正直心もとないですからね。

それにカメラも標準と超広角の2眼カメラとなっている部分からもクリエイター向けという差別化が感じられます。
標準と超広角で4Kやスローモーション撮影までできるのであればこれだけでもYouTubeの撮影から編集まで1台で済ませることができそうですからね・・・・
ちなみにフロントカメラの撮影でポートレート撮影はiPadAirはできないですがiPadProならできるようです。

さらに表には書いていませんが、iPadAirとiPadProのディスプレイの違いはそこまでないのですが、iPadProには「ProMotionテクノロジー」と呼ばれる機能が備えられていて、これはディスプレイのリフレッシュレートが最大で120Hzの駆動に対応していることを表しています。
ProMotionテクノロジーを搭載しているiPadを利用することによってApplePencilなどの書き心地などに直接影響を与えることになるため、iPadProのほうがよりクリエイター向けに考えられて作られたモデルという事がうかがえます。

iPadAirとiPadProの一番の差はユーザー認証の方式

個人的にiPadAirとiPadProのどちらを購入するのかという部分を決めるにあたり一番気になるところは「ユーザーの認証方式」です。

iPadProの場合はiPhoneXから採用が始まったFaceIDが採用されていますが、iPadAirは新しい指紋認証が採用されています。
FaceIDはiPhoneと同じ原理で認証するため暗闇での認証にも問題はなく、指紋認証に比べてセキュリティ面でも安全性は高いといわれています。

ですが、iPhoneの場合と同じようにマスクでの認証に難があるため、このコロナ禍の中でiPadを開くたびにマスクを外すというのは煩わしいですし、出先でマスクを外すのも気が引けるものがあります、かといってロックナンバーでの認証というのも面倒です。

そういう点ではiPadAirのTouchIDが手軽に思えます。
iPadAir4ではいままでのホームボタンに付属していた指紋センサーではなく、電源ボタンに搭載されるようになったためiPadProのようなオールスクリーンデザインを採用することが出来たわけですね。

その為、持ち歩く前提の場合はiPadAirのほうが都合がいいような気もしますね(ω )

ですが、iOSではAppleWatchを身に着けている状態であればiPhoneのロックを解除できるようになる方向のようですし、この認証方法はMacでもすでに導入されていることを考えとiPadでも導入されると考えるのが自然でしょう。そうなると私のようにAppleWatchを所有している人はiPadProでもコロナ禍であろうとそこまで気にする必要がなくなる可能性もあります。

つまり、私の場合は認証方法で悩む必要がないことになります。(まぁiPadProのFaceIDがAppleWatchに対応すればですが・・・)

やはり決め手は価格と容量か・・・

処理能力としてはそこまで差がないとされているので、決め手となるのは価格と容量の差だと個人的には感じています。

iPadAirの場合は64GBと256GBのモデルしかありませんが、iPadProの場合は128GB~から幅広いラインナップが用意されています。

私が購入するのであれば256GBのiPadAirか128GBのiPadProのどちらかにしようと思っています。

iPadPro(11インチ)iPadAir
64GBなし62,800円(税別)
128GB84,800円(税別)なし
256GB95,800円(税別)79,800円(税別)
512GB117,800円(税別)なし
1TB139,800円(税別)なし

動画編集をするのであれば128GBでは少し心もとなく感じてしまいます、その為256GBで5000円ほど安いiPadAirのほうがどちらかというと候補としては優勢な感じです・・・

The following two tabs change content below.

taka

ブログやYoutubeでPCについて解説している27歳のサラリーマン・YouTuber・ブロガー すべて中途半端にしかできていない説がありますがゆったりと好きなことで生きていきたいという願望をかなえるべく 日々動画編集やブログの執筆に奮闘中!

関連記事