「雑記」車載可能なサバイバルセット「アークⅢ」が届いた!

どうも、takaです!

前に下記の記事で紹介した「おそらく車載ができる」サバイバルセット「アークⅢ」が届いたので紹介します!


サバイバルセット「アークⅢ」とは?

まずこのサバイバルセット「アークⅢ」とは一体何なのか?このセットの特徴を紹介していきます、このアークⅢは以下のような「生きる上で最低限」の食事、水を3日分用意されたサバイバルセットとなります。

  • 非常食3日分(3600キロカロリー分(1日1200キロカロリー))
  • 保存水3日分(750㏄(1日250㏄換算))
  • アルミブランケット
  • チャック付きポリ袋(非常食一時保管用)

大きさは「280mm×160mm×70mm」とされていて、写真は大きさのイメージを持ってもらうため私の前の愛機である「iPhone8」と比べたものです。幅は思ったよりコンパクトな印象、厚さも思ったより薄いので全体的に小ぶり、車のラゲッジスペースに積んでおくにはちょうどいい大きさだと思います。

アークⅢ最大の特徴「過酷な保存環境でも保管可能」

私が思うこのサバイバルセットの最大の特徴は「車載が可能」である事です。
非常食の多くが「常温での保存」を元に作られているため、車の中などの「過酷な環境での保管」は推奨されていません。

常温の定義は「5~35℃」とされているそうです。

その為、夏の車内での食料品の保管というのは厳しい部分がありました、ですが、このアークⅢというセットは耐温度にとても優れていて、「-30℃~65℃」という保存環境に対応しているんです!
JAFが行ったテストでは、外気が35℃の場合で車内の気温はおおむね50℃~60℃程度のようですのでギリギリ耐えることが出来ます、サンシェードなどを工夫するなどすれば問題なく保存ができると思われます。
参考:真夏の車内温度(JAFユーザーテスト)

The following two tabs change content below.

taka

ブログやYoutubeでPCについて解説している27歳のサラリーマン・YouTuber・ブロガー すべて中途半端にしかできていない説がありますがゆったりと好きなことで生きていきたいという願望をかなえるべく 日々動画編集やブログの執筆に奮闘中!

関連記事