ハンドドリップに使うのにお勧め電気ケトル

どうも、takaです!

ハンドドリップで入れている皆さん、コーヒーを入れるときにどのようにしてお湯を注いでいますか?

以外にもお湯を沸かせればなんでも・・・という感じの人も多いのではないでしょうか?
もしそういう方がいらっしゃったら一言だけ、その気持ちよくわかります(笑)
私も初めは家にある電気ケトルで沸騰させたお湯を注げばいいと思っておりました。

ですが、実際にはそういうわけにはいきませんでした・・・コーヒーは奥が深いのです(;^ω^)

実はコーヒーを入れるためにはやはりあの「注ぎ口が細い」あのタイプが必要だったんです!

というわけで今回はなんちゃってコーヒー好きの私が、なぜ注ぎ口が細いタイプのケトルorポットが重要なのか、そしてコーヒーを入れるのにお勧めできそうな電気ケトル・電気ポットをご紹介したいと思います!

コーヒーを入れる場合ポットの注ぎ口が細いほうがいいの?

さて、ドリップコーヒーを入れる場合は基本的には注ぎ口が細いほうがいいといわれています。
それは湯量を一定に保ちやすいからといわれているからです、普通の電気ケトルの注ぎ口が細くない場合、湯量が多くなりやすくなってしまい、お湯の勢いで豆が上下に動いてしまうことで雑味成分までコーヒーに落ちてしまうからのようです。

そのため、コーヒーを入れる場合にはゆっくりと静かにお湯を注ぐことに注力する必要があります(*_*;
私も最近毎日コーヒーをドリップしておりますが、毎日味が違ってしまっています・・・まだまだ技術が未熟な証拠です・・・( 一一)
さて、注ぎ口が細いほうが湯量を調整しやすいのでおススメなのは確かですが、湯量調節の技術に自信がある場合は別に無理に口が細いものを使用しなくてもいいので、「私はやかんでうまく淹れられる」という方はやかんでも問題ないと思います(*‘ω‘ *)

個人的にお勧めなドリップポットの条件:温度調整ができる

はい、注ぎ口が細いほうが安定しやすいというお話はしましたが、温度調整ができる電気ケトルを購入するのをおすすめいたします。

コーヒーを抽出するのに最適な温度は90度前後といわれており、沸騰したお湯をすぐに入れてしまうとコーヒーの雑味がまでが抽出されてしまいます、そのためコーヒーを楽しむのであれば、ぜひ温度調節機能が付いているものをお選びください(^^♪

温度調整機能があるケトルは60~100度くらいの温度調整ができるように作られているものが多いので、コーヒーだけではなくお茶やミルクなどを作るときにも使用することができるのでおススメです!

個人的におススメな電気ケトル

さて、それでは個人的に購入しやすい金額のオススメ電気ケトルをご紹介していきたいと思います!

アイリスオーヤマ:IKE-C600T

アイリスオーヤマが販売している「IKE-C600T」、ドリップケトルという名前をつかられているだけあってコーヒー向きの商品となっております(笑)

また容量も0.6Lと使い勝手のいい容量ですね。

このポットの特徴は

  • お茶「70℃」
  • コーヒー「90℃」
  • 沸騰「100℃」

というプリセットがあるので、コーヒーを飲みたい時にはワンタッチでお湯を温めることができます!

プリセット以外にも60℃~95℃の範囲で5℃単位での温度指定も可能となっておりますので、使用用途にあった温度調整にも対応している所が〇

また、空焚き防止機能などの安全装置もしっかりと施されています。

お値段も6000円ほどと、比較的お手頃なのもポイント!

HARIO ハリオ V60 パワーケトル・ヴォーノN EVT-80-HSV


コーヒー用品を販売していることで有名なHARIO(ハリオ)の電気ケトルです。
コーヒー用品を数多く販売しているHARIOだからこそ、コーヒーへのこだわりが感じられます。

容量は0.8Lと3~4人分でコーヒーを楽しむには十分な容量です(^^♪

また温度調整は50℃~96℃の範囲で1℃単位での設定が可能ですので、コーヒーのみならず様々な用途でお湯を沸かすことができます!

また15分の保温が可能となっておりますので、コーヒーのお替りでドリップをし直す場合も沸かし直しする必要がありません(^^♪

空焚き防止機能や、10分間操作がなかったときに自動で電源を切るオートパワーオフ機能など、安全対策もしっかり施されています!!

個人的にポイントだと思ったのが、コードを収納することができることです( *´艸`)

私の場合、コーヒーを入れる時以外には電気ケトルはしまっておくのですが、コードをまとめるスペースがないため軽く束ねておくような形にしてあるのです。

ですが、このケトルであればコードの電源プレートの下に収納することができますので、そのような心配はいらないはいいですよね(^^♪

しかし価格が13000円ほどと少しお高めなので、コーヒーポットにこの金額を支払えるかが試されます(笑)

山善  電気ケトル YKG-C800-E

最後に紹介するのは「山善」から発売されている電気ケトル「YKG-C800」です。この電気ケトルは私も使用しており、かなり重宝しております(^.^)

容量は0.8Lと、HARIOと同じく3~4人分でコーヒーを楽しむには十分な容量になっております!

また温度調整機能も優秀で、50℃~100℃の間で1℃単位での調整が可能です!

また、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階のプリセットが初めから用意されているのもポイント!

また保温機能も用意されており、1時間は保温ボタンを押した温度に保ってくれます。(96℃~100℃で保温を押した場合96℃前後で保温される模様)

空焚き防止機能などの安全装置も装備しており、この内容で8000円以下で購入出来るのでオススメです!

 

自分に合ったケトルを選んでコーヒーを楽しみましょう!

さて、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した電気ケトルは6000円~13000円ほどの物で温度調整機能が付いたケトルをご紹介させていただきました。

他にも様々なメーカーがこだわりのポットを販売しており、中には2万以上するようなポットも多くあります( 一一)

私は現在最後にご紹介した「山善」の電気ケトルを使用しておりますが正直このケトルで十分おいしいコーヒーを淹れることができます(笑)

本当に本当にこだわりたい方でない限り今回ご紹介した電気ケトルでも多くの方は満足できると思いますので、是非お試しください(^^♪

The following two tabs change content below.

taka

ブログやYoutubeでPCについて解説している27歳のサラリーマン・YouTuber・ブロガー すべて中途半端にしかできていない説がありますがゆったりと好きなことで生きていきたいという願望をかなえるべく 日々動画編集やブログの執筆に奮闘中!

関連記事