新感覚トレーニング器具『バーンマシン2』のレビュー

どうも、takaです!

さて、続けざまにレビュー記事というのは正直珍しいのですが、外出自粛という事もあり(2020年4月現在は新型コロナの影響で外出自粛)ブログでも書こうかなぁという事で筆・・・キーボードを取っている次第です(笑)

それに引きこもりがちになると運動不足になるので運動不足予防として買ったというのもあります!(本当はリングフィットアドベンチャーが欲しかったけど・・・(笑))

というわけで、今回ご紹介するの新感覚トレーニング器具でもある『バーンマシン2』という器具です!

今回は皆さんにこの『バーンマシン2』をご紹介したいと思います!

筋力トレーニング器具『バーンマシン』とは?

4年くらい前にHikakin氏が紹介していましたのでその動画をご覧ください、文字で説明するより動画を見てもらったほうがわかりやすいと思います(笑)

というわけで、二つの輪の部分を持ってグルグルと回すという結構単純な動作を繰り返すトレーニング器具です!

主に腕・肩・背中・腹など、主に上半身全体を鍛えることができるとされています(個人的には腕と肩が主に鍛えられるイメージ)

『回すだけ?楽しそう!』と思われた方、やってみるとわかりますが、かなりキツイです(;^ω^)

まぁとりあえず、ますは器具の紹介をしてからトレーニングの話をしていきます。

今回購入したのは『バーンマシン2』

Hikakin氏が紹介していたのは『バーンマシン』で、私が今回ご紹介するのは『バーンマシン2』です。

違いとしては握るところが加工されていたり、負荷調整ができたり、重さも2の方が軽いです(負荷調整機能があるから気にしないでもいいと思う)くらいで、基本的なトレーシング方法は一緒です。

箱の外見は『海外』って感じの箱ですね~ドンキあたりにも置いてありそう(笑)
箱が少しボロボロなのは元々っていうのありますが、もう数週間使った後だからという理由もあります(;^ω^)

中身はバーンマシン2本体と説明書のみです。

バーンマシン2詳細
[ サイズ ]:幅38cm/高さ20cm/奥行き3.5cm
[ 重量 ]:約3.7kg 重り1個442g(2個入り)、重りを抜いた状態で約2.8kg

 

バーンマシン2は重さ、負荷の調節だできる

このバーンマシン2は前モデルの違いの1つが2つの重りを抜き差しすることで約900gの重量の調節ができるところです。

重りを抜くと約2.8kgとかなり軽めになるので、女性や本当にトレーニング初心者の方でも始めやすいトレーニング器具だと思います!

また、バーンマシン2では真ん中にあるダイヤルを回すことで負荷の調節ができるのも特徴です(^^♪
これのおかげで『バーンマシン』より軽いけど効果的にトレーシングができます!

仕組みとしては自転車のブレーキのようにダイヤルを回すと、真ん中の部分にある布が円の部分に押し付けられることで摩擦が生じて負荷が増すという仕組みだと思う。

実際めっちゃしんどいです・・・・

私が行っているバーンマシンを使ったトレーニングメニュー

このバーンマシンは本当は腹筋する時やスクワットする時にも使えるのですが、まだまだ私は初心者なので、Hikakin氏と同じようにグルグル回すだけのトレーニングを1日おきに行っています(;^ω^)

メニューとしては

  1. 30秒 外まわし
  2. 30秒 休憩
  3. 30秒 内回し
  4. 30秒 休憩
  5. 30秒 外まわし
  6. 30秒 休憩
  7. 30秒 内回し

という内容です!『これで効果あるの?』と思われる内容でしょうが、これがかなりきついですよ!
トレーニング直後は疲れで腕が上に上がらない状態になります(;^ω^)

ちなみにカウントはiPhoneアプリの『筋トレ』ってアプリを使っています!

バーンマシン2のレビューまとめ

全体的にトレーニング器具としての完成度は高いと思います、回すだけなのでケガもしにくいように思えますし何より個人的には結構楽しい(笑)
まぁ1日置きなに3分くらいのトレーニングという事で気軽に始めることができると思います(^^)

ちなみにこの器具の欠点が『値段』です。

このバーンマシン2現在Amazonでは『12,783 円』します(;^ω^)

ダンベルなら数千円、腹筋ローラーなら1000円ちょっと、腕立て伏せ用のプッシュアップバーも2000円前後です、そう考えるとこの器具は結構高価な器具になりますので、お財布と相談して買っていただけると良いかと思います(;^ω^)

The following two tabs change content below.

taka

ブログやYoutubeでPCについて解説している27歳のサラリーマン・YouTuber・ブロガー すべて中途半端にしかできていない説がありますがゆったりと好きなことで生きていきたいという願望をかなえるべく 日々動画編集やブログの執筆に奮闘中!

関連記事